薄毛・ハゲを治す方法 〜僕の薄毛克服記録〜

薄毛にカラーやパーマはしても良いのか?

薄毛だと髪の毛を染めたりパーマをあてることは髪の毛が痛むためにNGと感じる人もたくさんいると思います。

 

オシャレに髪の毛を茶髪にしてみたりパーマをかけてみたり、もしくは白髪を染めたりボリュームを増やすためにパーマを当てたりしたいですよね。

 

気分を変えたいときや若く見せたいときなどにどうしても気になってしまいます。

 

このような行為ははたして頭皮にどのような影響を及ぼすのでしょうか?

 

 

今回は薄毛とカラーやパーマとの関係性を載せていきます。


実はカラーやパーマはしても大丈夫

実は髪の毛にカラーを入れたりパーマをかけたりすること自体には問題がないのです。

 

髪の毛というのは頭皮の毛根にある毛母細胞で作られるものなので、皮膚から生えた髪の毛が染料で染められたり強制的に巻かれても、源である毛母細胞自体には影響はないため大丈夫なのだそうです。

 

つまり、頭皮がダメージを被ることと髪の毛が傷むことは、基本的に別問題というわけです。

 

だから髪の毛がパサパサになったり枝毛になったりしても、頭皮自体に直接的な影響はないので安心してください。

 

 

 

しかしながら、カラーやパーマの際に薬剤が頭皮に付着することは気をつけなければなりませんよ。

 

髪を染める染料やパーマ液が頭皮に付いたとしても、ちゃんと洗浄できているならそれほど気にする必要はありません。

 

ただ頭皮にそれらが残っていると頭皮がダメージを受けて薄毛になるのでしっかり洗い流しましょう。

 

接触性皮膚炎を起こしてしまった場合、髪の発育に影響が及ぶ可能性もでてきますよ。

 

 

 

また、肌質など個々のコンディションの問題もありますが、パーマ液や染料が肌質に合わない場合はかゆみやかぶれが発生することもあります。

 

最近は頭皮への影響を抑えたパーマ液やカラー剤もあるようなので、気になる人はかかりつけの美容師さんに確認してみましょう。

 

薄毛の人は自分でカラーリングなどをすると染料が頭皮に残ってしまうことが多いので、カラーリングはなるべく専門である理髪店もしくは美容院にいく方が良いですね。

 

 

基本的に最近のカラーやパーマの技術は進歩しており、市販されて個人でも簡単にカラーリングやパーマができるようになっています。

 

つまり個人が使用しても安全であるところまで技術が進歩していることが言えるというわけですね。


薄毛を治すための必須ケア用品3種  〜 これで薄毛は必ず改善します 〜

抜け毛を減らすだけでなく育毛を促進し頭皮まで回復することができる現在最強の育毛剤
↓↓

抜け毛の原因を改善し育毛も促進し頭皮を回復することができる高効果育毛サプリメント 
↓↓
育毛剤愛用者の人気No.1サプリ
AGAを併発している場合はさらにプロペシアとミノキシジルで薄毛の原因を改善します
↓↓

発毛率90%強!最強の育毛法 僕の薄毛ケアを公開します 薄毛になったら最初にすること 薄毛を治すAGA治療薬