薄毛・ハゲを治す方法 〜僕の薄毛克服記録〜

増毛するための方法を詳しく教えます

「増毛」と言うのは、エクステンションのように現在頭皮から生えている自分の髪の毛に人工毛を数本ずつ結びつけたり、特殊なシートを使って人工毛を地肌に張りつけたりするなどして、人工的に髪のボリュームを増やす技術のことを言います。

 

発毛や育毛は、効果が表れるのに一定期間の時間がかかるため、根気良く継続しなければなりませんが、増毛はもっと短時間で薄毛をカバーすることができます。

 

また、短時間で確実に薄毛をカバーする方法といえば、「かつら」を装着するという手法もありますが、増毛の方がかなり自然に見えます。

 

ただし、増毛の中には髪の毛や頭皮に負担をかけるものあるので、かえって抜け毛に繋がる場合も理解する必要があります。

 

また、定期的にメンテナンスも必要になってきます。


増毛にはどのような種類があるのか

手法1 編み込み式

 

自分の髪の中に、特殊な糸で編みこみ用の土台を作り、そこへ人工毛を束で何本も付けていく方法です。

 

メリットは外れたりズレたりすることがなく、1ヶ月程度はつけたままにしておけることです。
また、つけたまま普通にシャンプーができるので、頭皮や髪の毛を清潔に保つことができ通気性も良く負担が少ないのも魅力です。

 

デメリットは自毛が伸びてくると、編みこみの直しが必要になるため、1ヶ月に1度程度のメンテナンスが必要なことです。

 

手法2 結毛式

 

自分の頭皮から生えている1本1本の髪の毛の根元に、人工毛を結びつけていく方法です。

 

メリットは自分の髪の毛の長さや流れに合わせた自然なスタイルができることです。
また、編み込み式と同じように普通にシャンプーができたり、通気性が良いという特徴もあります。

 

デメリットは自分の髪の毛への負担が大きいことと、髪の毛が伸びてくると結んだ部分も同じように上に上がってくるので、1ヶ月に1〜2回度程度のメンテナンスが必要なことです。

 

手法3 全面接着式

 

人工の毛を透明で極薄のシートに植毛し、特殊な接着剤で頭皮に貼り付ける方法です。

 

メリットは非常に自然な仕上がり感と、自毛がない部分でも髪を増やすことができることです。
また耐久性も非常に優れているため、シャンプーなども普通にできます。

 

デメリットは頭皮を密封するので、蒸れたり、かぶれたりするなど、頭皮への負担が大きいことです。
最近では、シートの代わりに網状のネットを使い、通気性を良くしたタイプもあります。

 

今アデランスで増毛無料のキャンペーンをしています、この機会に増毛を体験してみてください。

 

>> アデランス無料増毛体験実施中!

薄毛が治るまでは増毛を

昔はかつらくらいしかなかったですが、今では技術が上がり様々な薄毛アイテムが出てきましたよね。

 

増毛をすることで見た目は一気に普通になります。

 

しかもメンテナンスもそんなに辛くないのでストレスが少ないのは良いですね。

 

増毛の一番のメリットは即効性です!

 

もし同窓会や結婚式などが急にはいったらどうしますか?

 

薄毛に対して吹っ切れていたら良いのですが、友人・親戚にはげてきたのを見られるのは正直嫌なものです。

 

僕は薄毛が進行してきたときは外にすらいきたくなかったことを思い出しましたよ。

 

とても辛かったです。

 

僕はその時は薄毛隠しを使っていましたね、いわゆるフリカケと呼ばれているものです。

 

でもやっぱり近くで見るとばれるのでこのような増毛をしていると安心ですよ。

 

薄毛が治るまでは増毛で一時的に増やしておくことも手ですね、ストレスが減るので精神的にも凄く楽になりますよ

薄毛を治すための必須ケア用品3種  〜 これで薄毛は必ず改善します 〜

抜け毛を減らすだけでなく育毛を促進し頭皮まで回復することができる現在最強の育毛剤
↓↓

抜け毛の原因を改善し育毛も促進し頭皮を回復することができる高効果育毛サプリメント 
↓↓
育毛剤愛用者の人気No.1サプリ
AGAを併発している場合はさらにプロペシアとミノキシジルで薄毛の原因を改善します
↓↓

発毛率90%強!最強の育毛法 僕の薄毛ケアを公開します 薄毛になったら最初にすること 薄毛を治すAGA治療薬