薄毛・ハゲを治す方法 〜僕の薄毛克服記録〜

頭皮は顔に浴びる紫外線量の3倍

暖かくなってくると薄毛または薄毛予備軍の我々は紫外線を気にしないといけなくなってきます。

 

頭皮は顔に浴びる紫外線量の3倍ものダメージを受けているんです。

 

紫外線が頭皮にダメージを与えて抜け毛が進行することはこのサイトで載せていますが、みなさんはいつくらいから紫外線対策をしていますか?

 

 

おそらく多くの方が真夏の紫外線量が多くなってから、帽子をかぶったり日陰にいるように気をつけ始めると思います。

 

でもね、それでは遅いんですよ。

 

紫外線対策は暖かくなる春先からはじめる

 

まだまだ寒いから紫外線はそれほど強くないと思いますよね、確かに紫外線量は真夏に比べれば少ないです。

 

でもこうしている間にも紫外線はあなたの頭皮にダメージを与え続けているんですよ。

 

紫外線の頭皮へのダメージは 紫外線の時間×強さ と 頭皮の耐性 で判断できます。

 

春先はまだ頭皮の紫外線に対する耐性が弱いので、これから日差しが強くなる今から紫外線対策をとることが大切なのですよ。

 

薄毛の方は髪を短髪にしている人が多いので、頭皮を守る髪がない分余計に紫外線を浴びてしまいます。

 

頭皮に直接日焼け止めを塗るのも一つの手段ではありますが、もっと簡単な方法もあるのでまずはそちらを試してみてくださいね。


紫外線から頭皮を守る方法

分け目を毎日少しずつ変える

大体の人はいつも髪の分け目は同じだと思うのですが、その分け目の頭皮は常に紫外線にさらされることになりますよね。

 

毎日同じ分け目にしないで、できるだけ毎日少しずつ分け目をずらすといった工夫をすることが大切です。

 

帽子をかぶる

紫外線を防ぐにはやっぱり帽子をかぶるのが一番効果的ですね。

 

でも暑い日に帽子をかぶっていると頭が蒸れてきて汗でべとべとになります。

 

このまま放っておくと毛穴で雑菌が繁殖して薄毛の原因になるので、汗をかいたらなるべく早めにシャワーとかで汗を洗い流して清潔にしましょう。

 

通気性の優れた帽子を使用することで頭皮が蒸れを防ぐことができますよ。

 

紫外線が当たらないよう日陰にいるようにする

暑くなったら自然と日陰に行くものなので言う必要はないとは思いますが、これだけでも全然違いますよ。

 

アウトドアや営業、クラブなど丸一日外にいないといけない日などは日陰を探しておきましょう。

 

日陰は紫外線が少ないし、体温も下がるので汗も防げますね。

 

また、紫外線をカットできるヘアスプレーもありますので、それを使用するとさらに紫外線を防げますね。

 

受けた頭皮のダメージを回復させる

少ない量でも紫外線を受けると頭皮はダメージを受けます。

 

なので、早めにダメージを回復させてダメージの蓄積を防ぎましょうね。

 

ビタミンCやビタミンB、ビタミンAそしてコラーゲンなどが効果的だそうです。

 

暑くて食欲が無くても野菜やお肉や大豆などしっかり栄養管理してくださいね。

薄毛を治すためにはあらゆる原因をクリアしていく

薄毛回復の基本はいかに頭皮を正常な状態に戻すことができるかがポイント!

 

頭皮が弱っているということは必ず原因があるので、その原因をなるべくつきとめましょう。

 

しかしながら、薄毛の原因は複数が混ざり合っていることが多いので、薄毛の原因となるものを全てクリアしていくことが大切なのです。

 

今回は紫外線に注目して対策を載せましたが、他の原因も同じようにきちんと対策をとることで確実に頭皮の回復が期待できます。

薄毛を治すための必須ケア用品3種  〜 これで薄毛は必ず改善します 〜

抜け毛を減らすだけでなく育毛を促進し頭皮まで回復することができる現在最強の育毛剤
↓↓

抜け毛の原因を改善し育毛も促進し頭皮を回復することができる高効果育毛サプリメント 
↓↓
育毛剤愛用者の人気No.1サプリ
AGAを併発している場合はさらにプロペシアとミノキシジルで薄毛の原因を改善します
↓↓

発毛率90%強!最強の育毛法 僕の薄毛ケアを公開します 薄毛になったら最初にすること 薄毛を治すAGA治療薬