薄毛・ハゲを治す方法 〜僕の薄毛克服記録〜

今の生活を改善して薄毛を治す基盤を作る

髪や頭皮の健康と生活習慣は、あなたが思っているよりも薄毛に大きく関わっています。

 

あなたの生活から「髪や頭皮に悪い」と言われる事を取り除けば、薄毛が改善し元の髪に戻すことができる可能性が高くなるのです。

 

この項目では、髪や頭皮に良いとされる生活を送るためのアドバイスを載せていきます。

 

脱ハゲ・脱薄毛のための生活改善で、あなたの髪の毛を少しでも元に戻せるよう頑張ってください。

 

実は薄毛に影響のある生活習慣は意外にもたくさんあるのですよ。

 

これまでも幾度となくお話してきましたが、ここでもう一度頭皮や髪の毛に悪いと言われていることがらをおさらいしてみましょう。


頭皮や髪に影響を与える生活習慣

1. 睡眠不足

 

頭皮にとって睡眠は、「免疫細胞やホルモンの力により、昼に受けたダメージなどを寝ている間に修復する」ことです。
つまり、寝ている時間が少なくなれば、睡眠時間に比例して髪の修復も少なくなります。
毛髪へ酸素や栄養が送られにくくなり、結果として薄毛の原因となる傾向になるのです。

 

 

2. ストレス

 

ストレスというのは頭皮の血管を収縮させて毛根への血流量を減らします。
血流が減った結果、酸素や栄養が運ばれにくくなるのです。
またストレスを受けると、頭皮にある毛細血管が機能せず、活性化しません。
酸素や栄養が届かないために、頭皮や毛根の健康が保たれなくなるのです。

 

 

3. 首こり・肩こり

 

血行不良で起こる、首こりは薄毛の原因となるため要注意です。
首や肩の血行が悪くなると、頭へ向かう血行も悪くなるのです。
すると、毛根に酸素や栄養を届ける毛細血管に十分な血液が循環せず、髪の毛が栄養不足になり大きなダメージを受けるのです。
長時間テレビやパソコンの画面を見たりしないよう心がけましょう。

 

 

4. 塩辛い、または脂っこい食べ物

 

塩辛い食べ物は生活習慣病である高血圧や動脈硬化を引き起こします。
つまり、老化を早めて抜け毛を促進する可能性があるのです。
脂の多い食べ物も、過多の脂分が毛穴を詰まらせて抜け毛を引き起こす可能性があります。

 

 

5 .お酒

 

お酒を飲み過ぎると、そのぶん代謝の要である肝臓が弱ります。
実は肝臓というのは、髪の毛を構成する栄養素のタンパク質をつくる臓器なんです。
ですからお酒を飲みすぎると、間接的に頭皮や髪の毛に悪いということになりますね。
また、アルコールを分解するときにビタミンも消費されるのでお酒はほどほどにしましょう。

 

 

6. 朝シャン

 

寝癖を直すための朝シャンも、髪の毛の大敵になる可能性があります。
理由は、朝はバタバタして時間がな無いためにシャンプーしてもきちんとすすぎができないこと。
すすぎが不十分だとシャンプーの成分が頭皮に残ってしまうため、頭皮にダメージが残ります。
ダメージを受けた頭皮は次第に状態が悪くなっていき薄毛に繋がるのです。

 

 

7. カラーリング

 

オシャレや白髪染めなど染料を使って髪の中心から色を変えるカラーリング。
髪の組織に対して染料を使用して人工的に変化させるので、髪に良いとは言えません。
また薬剤が頭皮に触れた場合、ダメージを与えてしまいますので気をつけなければなりません。

 

 

8. いつも同じ髪型

 

毎日同じ髪型ばかりをしていると、どうしても髪の分け目も同じ場所になります。
同じ分け目は頭皮に負担をかけ続けることにもなり、そこから抜け毛を引き起こす可能性が出てくるのです。
毎日少しずつ分け目をずらして薄毛予防をしましょう。

 

 

9. サーフィンやスノーボード

 

サーファーやスノーボーダーは、比較的多くの紫外線に当たるものです。
紫外線というのは肌を日焼けさせるのと同じように、頭皮や髪の毛も日焼けさせます。
そうなると、髪は乾燥して髪のキューティクルがはがれやすくなり、頭皮もダメージを受けます。
ダメージを受けて頭皮や髪内部のタンパク質が壊れ、髪の毛を抜けやすくさせるのです。

 

 

10. 帽子好き、またはライダー

 

帽子やヘルメットを長時間かぶっていると、どうしても通気が悪くなります。
そしてかいた汗が頭皮で蒸れて雑菌が繁殖しやすくなり、結果的に薄毛の原因になるのです。

正しい生活習慣を目指して薄毛予防

睡眠不足とストレス、肩こり、塩辛い食べ物ですがこれらは血流障害になるので、毎日お風呂に入り22時くらいには布団に入ってぐっすり眠るように努力してください。

 

いくら髪の毛に有効な栄養素を摂っても毛根にまで届けることができなかったら意味がないですからね。

 

 

お酒やタバコなのは体内に入ると代謝するときなどに必要な栄養素が破壊されるので過剰摂取は控えなければなりません。

 

でもよっぽどでないかぎりは大丈夫だと思いますよ、なぜなら僕が大丈夫だったので^^;

 

 

朝シャンやカラーリング、同じ分け目ですがこれらは確実に頭皮を傷めます。

 

とくに朝シャンはかなりダメージが残ります、頭皮の脂が多いから朝シャンプーするのはわかりますがその場合は湯シャンにしておいてください。

 

また紫外線や蒸れもたしかに頭皮には良くないです。

 

秋に抜け毛が多くなるのはこれら夏に紫外線や蒸れで受けたダメージに比例しているからなのです。

 

 

これら生活習慣を改善して少しでも薄毛のリスクを下る努力をしましょう!

薄毛を治すための必須ケア用品3種  〜 これで薄毛は必ず改善します 〜

抜け毛を減らすだけでなく育毛を促進し頭皮まで回復することができる現在最強の育毛剤
↓↓

抜け毛の原因を改善し育毛も促進し頭皮を回復することができる高効果育毛サプリメント 
↓↓
育毛剤愛用者の人気No.1サプリ
AGAを併発している場合はさらにプロペシアとミノキシジルで薄毛の原因を改善します
↓↓

発毛率90%強!最強の育毛法 僕の薄毛ケアを公開します 薄毛になったら最初にすること 薄毛を治すAGA治療薬