薄毛・ハゲを治す方法 〜僕の薄毛克服記録〜

「湯シャン」とはどのようなものなのか

「湯シャン」とは、シャンプーやリンス、トリートメントなどを使用せずにぬるま湯のみで髪や頭皮の皮脂を落とす洗い方です。

 

「湯シャン」の目的とはシャンプーで落としすぎている皮脂をある程度残し、頭皮や髪が本来持つバリア機能などを回復させること。

 

つまり通常のシャンプーや育毛シャンプーが頭皮に合わない人のための洗髪方法とも言えますね。

 

 

「湯シャン」で大丈夫か?と言うと、実はお湯そのものにもある程度洗浄力があるので一定の効果は期待できるそう。

 

また、頭皮にたくさん出てきた皮脂などは水だけでも落とすことができるそうです。

 

お湯の温度が高くなるほどに洗浄力が上がり、40度以上になるとシャンプーと同じレベルの洗浄力を発揮すると言われています。

 

そのため、湯シャンを試すときは皮脂を落とし過ぎないように温度を40度以下に設定する方が良いでしょう。

 

 

毎日「湯シャン」を続けると、髪や頭皮に必要な皮脂や保湿成分が洗い流されずに残っていきます。

 

すると、皮脂分泌のために消費していた栄養が頭皮に供給されて頭皮が活性化するというわけです。

 

結果として「湯シャン」の効果で活性化された頭皮から丈夫な太い髪の毛が生えやすくなり、抜け毛や薄毛予防が期待できるのです。

 

 

基本的に「湯シャン」はどの人にもある一定の効果があるようですね。

 

ただし、乾燥肌や脂性肌など状態に合わせて洗い方やお湯の温度、洗う程度や間隔などを調整する必要はあります。


「湯シャン」の正しい洗髪方法

  「湯シャン」で用意するもの

 

・ 育毛ブラシもしくは動物性のやわらかいヘアブラシ
・ お酢、もしくはクエン酸
・ 洗面器
・ ドライヤー

 

手順1 動物性のやわらかいヘアブラシで髪をとかす

 

髪を濡らす前に、動物性の柔らかい育毛ブラシであらかじめゆっくり丁寧に髪をとかしておきます。
こうすることで、髪に付着していたホコリやゴミを取り除き、頭皮や髪の毛に付着した汚れをよりスムーズに洗い流すことができます。

 

手順2 ぬるま湯で頭全体を洗い流す (5分間)

 

手で触りぬるいかな?と判断できるお湯で頭全体を洗い流します。
その時、手指の腹で軽く円を描くようにマッサージしながら洗い流すと、汚れや皮脂が落ちやすくなります。
ちなみにゴシゴシと強く洗うのは頭皮を痛めるのでやめましょう。
また、洗い流す時間が長いと必要な脂分まで落としてしまうので、5分程度で終わらせるようにしてください。

 

手順3 洗面器にお湯とお酢(もしくはクエン酸)を入れて頭全体になじませる

 

洗面器にお湯をはって、その中に酢もしくはクエン酸を小さじ半分程度入れて混ぜます。

 

ある程度よく混ざったら、髪全体になじませていきます。

 

酢やクエン酸を使うことにより乾かした時のキシキシ感を緩和し、髪をまとめやすくすることができるんです。

 

ただし、酢だと独特の臭いがあるので、気になる人はクエン酸を使うようにしましょう。

 

手順4 バスタオルは挟むようにして押し拭きする

 

バスタオルは髪を挟むようにしてやさしく押し拭きしましょう。

 

強くこすらないように注意してください、髪が絡んでしまい抜毛の原因になってしまいます。

 

仕上げはドライヤーを近づき過ぎないよう離して使いましょう。

 

ポイントは、できるかぎり高温の熱風は避け、冷風などを使うようにするとなお良いですね。

 

髪の毛は熱に弱いので育毛ドライヤーがあればそちらを使用してください。

 

遠赤外線×頭皮【スカルプドライヤー】

タイプ別「湯シャン」の方法

脂性肌の頭皮向け「湯シャン」方法

 

普段から頭皮が脂でベトベトしているという人は少し高めの温度で洗い流すようにしましょう。
ただし、温度が高過ぎると脂を落としすぎることになってしまうので注意してください。
続けていくうちにベトベトした感じがなくなってきたら、徐々に温度を下げていきましょう。

 

 

乾燥肌の頭皮向け「湯シャン」方法

 

普段からフケなどがあり頭皮が乾燥しがちという人は少し低めの温度で洗い流すようにしましょう。
高い温度で洗い流すと乾燥が進行してしまい、フケやかゆみの原因になるので注意してください。
お湯の温度を低めにしても乾燥しているようあれば、洗う時間を短くするなど調整してみてください。

 

 

季節に合わせた洗い方方法

 

夏は汗をかき頭皮が汚れやすいので、なるべく毎日洗髪はしておくほうが良いです。
夏の洗髪はできるかぎり水に近いぬるま湯で頭を洗い、すっきりさっぱり洗い流しましょう。
冬は頭皮が乾燥しやすくなるので、洗う回数を2〜3日毎にしてみても良いかもしれません。
それでも乾燥が気になるようであれば、少し低めの温度で洗って皮脂を残してみましょう。

「湯シャン」の注意点

普段からフケが多い人は「脂漏性皮膚炎」の可能性があります。

 

その場合、シャンプーを中断すると頭皮の抗菌効果がなくなってしまうので症状が悪化してしまう恐れがあります。

 

そんな時は「湯シャン」は中断して皮膚専門医に相談してください。

 

 

また「湯シャン」をすることで、頭皮に強い痒みが続く場合や赤みやフケが悪化する場合も、「湯シャン」は中断し皮膚専門医に相談しましょう。

 

 

「湯シャン」を始めたばかりの頃は、皮脂が過剰に出ているため髪や頭皮がべたついてしまいます。

 

しかし、「湯シャン」を続けていくうちに頭皮自体が脂分の分泌をコントロールするようになるため、そんなベタベタ感は次第になくなります。

 

「湯シャン」の効果を感じるには最短でも半年、最長で3年程度はかかります。

 

 

頭皮のベタベタがどうしても気になるのであれば、お湯の温度を少し上げてみたり、洗う回数を増やしてみましょう。

 

途中でシャンプーを使用してしまったらせっかくの「湯シャン」の効果が無くなってしまうので、なるべく「湯シャン」を始めたら最後まで続けてみてくださいね。


薄毛を治すための必須ケア用品3種  〜 これで薄毛は必ず改善します 〜

抜け毛を減らすだけでなく育毛を促進し頭皮まで回復することができる現在最強の育毛剤
↓↓

抜け毛の原因を改善し育毛も促進し頭皮を回復することができる高効果育毛サプリメント 
↓↓
育毛剤愛用者の人気No.1サプリ
AGAを併発している場合はさらにプロペシアとミノキシジルで薄毛の原因を改善します
↓↓

発毛率90%強!最強の育毛法 僕の薄毛ケアを公開します 薄毛になったら最初にすること 薄毛を治すAGA治療薬