薄毛・ハゲを治す方法 〜僕の薄毛克服記録〜

AGAのおさらい

30歳を超えてくると多くの方が悩む薄毛ですが、中でも圧倒的に多いのが、つむじまわりや額の生え際が薄くなる「AGA(男性性脱毛症)」です。

 

髪の毛には一定期間の寿命があり、その寿命が終われば自然と抜けて、また新しく生えてくるという「ヘアサイクル(周期)」を繰り返しています。

 

このヘアサイクルには、「成長期」「退行期」「休止期」という3つの期間があり、通常は成長期のうちに髪の毛はぐんぐんと太く長く育っていくのです。

 

 

しかしAGAになってしまうと、「成長期」が短くなり、髪がうぶ毛のような細く短い状態で「休止期」に入ってしまうため、そのまま抜け落ちてしまいます。
また、AGAがさらに進行すると、そのうぶ毛でさえ頭皮の外に出てこなくなり、髪の毛を生み出す部分が萎縮してしまい無くなっててしまいます。

 

 

つまり髪の毛が生えてきてもすぐに抜け落ちてしまう、生えてきても細く産毛のようなものしか出てこないというわけです。
この状態が続くことでどんどん薄毛が進行していき、放っておくことで2度と髪の毛が生えない状態になるのです。


AGAの原因は男性ホルモンや生活環境である

男性ホルモンの一種である「テストステロン」と言うのは、性欲を増進したり、筋肉や体毛を増やしたりするなど、いわゆる男らしさを象徴するための重要なホルモンです。

 

しかしながらこの「テストステロン」が、頭皮に存在する「5-リダクターゼ」という酵素と結びつくことで、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という別の男性ホルモンに変化してしまいます。
「テストステロン」+「5-リダクターゼ」=「ジヒドロテストステロン(DHT)」←超危険因子

 

 

この「ジヒドロテストステロン(DHT)」こそがAGAの原因となる危険な物質で、脱毛のシグナルを発信して髪の成長期を終わらせてしまうのです。

 

またAGAになる原因は、男性ホルモンの影響だけに限ったことでなく、遺伝やストレス、喫煙、飲酒、睡眠不足、間違った洗髪方法、食生活の乱れなど、様々なものが複合的に関わっていると言われています。

自分がAGAかどうかチェックしてみましょう

以下に典型的なAGAの症状を載せてみます。
もし当てはまる項目が多い人は早急に薄毛ケアをしておく必要があります。

 

AGAは進行性ですので、放っておくとどんどん進行して2度と髪の毛を元に戻せなくなるのです。
薄毛は早期にケアすることで劇的に回復できますので、なるべく早く治しましょう。

 

 

AGA チェック項目

チェック1  両親、兄弟、祖父母に薄毛の人が多い。(特に母方が薄毛の場合は注意)

 

チェック2  思春期よりも後に髪が抜け始めて、現在も徐々に進行している。

 

チェック3  額の生え際や頭頂部(もしくは両方)の髪から抜けている。

 

チェック4  抜けた毛が産毛のように細くて短い髪の毛が多く、ハリやコシがない。

 

チェック5  シャンプーやブラッシングをしたとき、朝起きたときの枕元に抜け毛が多い。

 

 

上記の項目で当てはまるものが多い人はAGAである可能性が非常に高いです。
一刻も早く薄毛ケアをして髪の毛を正常な状態に戻してください!
こちらの薄毛ケアなら全てをカバーできますね ⇒ ほとんどの薄毛を治すことができる最強の育毛方法

 

 

また、心配な方はAGAの診断キットが発売されていますので、そちらで詳しく自分で検査すことも良いでしょう。
⇒ 男性型脱毛症・遺伝子検査キット

薄毛を治すための必須ケア用品3種  〜 これで薄毛は必ず改善します 〜

抜け毛を減らすだけでなく育毛を促進し頭皮まで回復することができる現在最強の育毛剤
↓↓

抜け毛の原因を改善し育毛も促進し頭皮を回復することができる高効果育毛サプリメント 
↓↓
育毛剤愛用者の人気No.1サプリ
AGAを併発している場合はさらにプロペシアとミノキシジルで薄毛の原因を改善します
↓↓

発毛率90%強!最強の育毛法 僕の薄毛ケアを公開します 薄毛になったら最初にすること 薄毛を治すAGA治療薬