薄毛に悩む人へ、キューティクルを守れ!

薄毛に悩む人へ、キューティクルを守れ!

 

みなさんはキューティクルってきちんと知っていますか?

 

キューティクルとは、髪の毛の表面にある髪を保護する組織です。

 

うろこ状になっており、そのうろこがきれいに密接してあれば健康な髪の毛とえるでしょう。

 

 

では薄毛の人はキューティクルが傷んでいるから薄毛なのですか?

 

この問いに対して一概にイエスとは言えませんが、全くのノーというわけではありません。

 

特に若いうちにパーマやカラーをした人、そういう人たちは歳をとると段々薄毛になる確率が高くなるのです。

 

 

キューティクルが傷む原因は、一つは前述したとおりパーマやカラーです。

 

特に市販のパーマ剤やカラー剤は、誰にでも効果がでるように刺激が強くなっています。

 

私も髪を染めたり、パーマかけたいなと思った時は必ず美容院で刺激の強くないものを使ってもらっています。

 

美容院でしてもらうとその人に合ったものや用途によって分量を決めてもらえるので傷むのは最低限になります。

 

 

紫外線によってもキューティクルは傷むそうです。

 

紫外線によってキューティクルを構成しているタンパク質が変性してしまい、それと同時に髪の内部にまでダメージを及ぼし髪の強度も低下させるそうです。

 

外にでると必ず紫外線は当たってしまいますので、日傘や帽子をかぶるといった極力紫外線にあたらない方法を実行したほうがよさそうです。

 

 

最後に、キューティクルはドライヤーをしていても傷みます。

 

正確には髪の毛は熱に弱いので、乾かすために高温の風で乾かすと、という意味です。

 

タンパク質が変性をおこしてしまうのは60℃からなので、それ以下の温度で当てなければせっかく乾かしても傷む一方です。

 

なので、まずはタオルドライをして乾きやすくしておくこと、そしたら次に吹き出し口から離して熱くならないように髪の毛の根元から毛先にかけて風をあてること、最後の仕上げに冷風で乾かすこと。

 

そうすることでキューティクルが傷まずに良い髪を保つことができます。

 

 

 

キューティクルは傷んだら修復不可能なので、そのせいで毛がぬけやすくなり、枝毛や切れ毛の原因ともなります。

 

キューティクルを大切にするということは、髪の量を多くすることと同義なのです。

 

普段気にせずに生活していた人はぜひ見直して実践してみてください。

 

薄毛を治すための必須ケア用品3種  〜 これで薄毛は必ず改善します 〜

抜け毛を減らすだけでなく育毛を促進し頭皮まで回復することができる現在最強の育毛剤
↓↓

抜け毛の原因を改善し育毛も促進し頭皮を回復することができる高効果育毛サプリメント 
↓↓
育毛剤愛用者の人気No.1サプリ
AGAを併発している場合はさらにプロペシアとミノキシジルで薄毛の原因を改善します
↓↓

発毛率90%強!最強の育毛法 僕の薄毛ケアを公開します 薄毛になったら最初にすること 薄毛を治すAGA治療薬