育毛のためにヨードを含む食品を!

育毛のためにヨードを含む食品を!

 

髪の毛が少なくなってきた人や、少なくなる前にケアはしたいなと思う人に良い情報を書いておきます。

 

ヨードが含まれる食品を食べると、薄毛などの悩みは解消に近づきます!

 

うさんくさいセリフを並べましたが、だまされたと思って読んでみてください!

 

 

ヨードとはヨウ素ともいい、甲状腺ホルモンの構成成分です。

 

甲状腺ホルモンは、新陳代謝の促進や、子どもでは成長ホルモンとともに成長を促すために必須なホルモンなのだそうです。

 

この甲状腺ホルモンを作るのに一日に必要なヨード摂取量は、大体0.05〜0.15r/日なのだそうです。

 

数字だけみると、そこまで多くない数字ですよね。

 

 

実際に調べてみると、ヨードは海藻類に豊富に含まれており、昆布だし10ml中に0.5mgものヨードが含まれているそうです。

 

ほかにもひじき1g中には約0.4mg、わかめや海苔には1g中に役0.1mgのヨードが含まれています。

 

(* 一般的に海草を食べると薄毛回復に効果があるというのはあながち間違っていないということがわかりますね。)

 

これだけ見ても一日の摂取量はるかに超えているので、一日のうち一回でも海藻を食べる習慣があれば、薄毛改善の兆しが見えるのではないでしょうか?

 

ただここで気をつけてもらいたいのは、チオ−オキサゾリンという存在です。

 

難しそうな名前ですが、割と身近に存在していて、キャベツやカブ、カリフラワーなどに含まれています。

 

このチオ−オキサゾリンはヨードの吸収を阻害する働きをもっており、これらのものと一緒に海藻を摂取してしまうと、思うように吸収できないので注意です。

 

逆にヨードは油と一緒に摂取すると吸収率がよくなるので、食べる際は油ものと一緒に食べることをオススメします。

 

 

最後に、いくらヨードが良いとは言ったものの限度というものがあります。

 

髪の毛に良いからと毎回海藻類しか食べないという偏食をしてしまうと栄養が偏ってしまいますし、ヨウ素過剰症という病気にもなってしまいますので、一日の摂取量を目安にバランスよく摂取してみてください。

 

薄毛を治すための必須ケア用品3種  〜 これで薄毛は必ず改善します 〜

抜け毛を減らすだけでなく育毛を促進し頭皮まで回復することができる現在最強の育毛剤
↓↓

抜け毛の原因を改善し育毛も促進し頭皮を回復することができる高効果育毛サプリメント 
↓↓
育毛剤愛用者の人気No.1サプリ
AGAを併発している場合はさらにプロペシアとミノキシジルで薄毛の原因を改善します
↓↓

発毛率90%強!最強の育毛法 僕の薄毛ケアを公開します 薄毛になったら最初にすること 薄毛を治すAGA治療薬