喫煙と薄毛の関係

喫煙と薄毛の関係

 

いきなり質問していきます。タバコを吸うと髪や頭皮にとって良いものなのでしょうか、それとも悪いものなのでしょうか?

 

明確な理由がなくとも答えは大体の人は当たっていると思います。そう、髪にとって悪いものなのです。

 

意地になって良いものだと言い張る人もいるかもしれませんが、喫煙することによって髪の毛にどう影響を与えるのか解説していきたいと思います。

 

 

 

まず一つ目のリスクは、薄毛の病気であるAGAの原因物質DHT(ジヒドロテストステロン)が、タバコを吸わない人にくらべて13%も高くなるという研究結果がでています。

 

男性ホルモンだけでいえば10〜30%だそうです。

 

10%ぽっちなら別にいいじゃん、という人がいるかもしれませんが、10%も高くなるなんて相当リスクが上がるということを肝に銘じておいてください。

 

 

 

二つ目のリスクは、タバコにふくまれているニコチンが、血管を収縮させてしまうことです。

 

血管を収縮させるということは、血管が細くなり栄養を頭皮や髪の毛に送れなくなるということです。

 

血管を固くさせ、動脈硬化という病気のリスクも高まってしまいます。喫煙は薄毛だけではなく体の病気まで進行させてしまうのです。

 

 

 

三つめのリスクは、先ほど栄養が髪の毛に送れなくなるといいましたが、その栄養そのものを、タバコを吸うことで消費してしまうのです。

 

タバコを吸うだけで、ビタミンCだけでなく、ビタミンBやビタミンEも消費してしまうそうです。

 

必然的に頭皮への栄養供給も少なくなるので頭皮が髪に毛を維持できなくなり抜け毛が増えることは理解できると思います。

 

ビタミンが不足すると、免疫力が低下し、風邪をひきやすくなったり、体力低下もしてしまうので、やはり喫煙はすすめません。

 

 

 

喫煙者というのは、タバコをやめろといってもなかなかやめないのが普通です。

 

理由は様々ですが、一般的には落ち着くから集中力が高まるからですね、依存してしまい止めることすら難しいと思います。

 

ですが、以上のリスクを挙げていてなお喫煙をやめないというのであれば、この項目はなんら意味のないものになってしまいます。

 

もし薄毛で悩んでいる喫煙者様がいたら、タバコをやめる良い理由になると思います。

 

一時の快楽に身を任せるのか、それとも死ぬまで髪の毛がふさふさがいいのか、確率をあげるのはあなた次第です。

 

薄毛を治すための必須ケア用品3種  〜 これで薄毛は必ず改善します 〜

抜け毛を減らすだけでなく育毛を促進し頭皮まで回復することができる現在最強の育毛剤
↓↓

抜け毛の原因を改善し育毛も促進し頭皮を回復することができる高効果育毛サプリメント 
↓↓
育毛剤愛用者の人気No.1サプリ
AGAを併発している場合はさらにプロペシアとミノキシジルで薄毛の原因を改善します
↓↓

発毛率90%強!最強の育毛法 僕の薄毛ケアを公開します 薄毛になったら最初にすること 薄毛を治すAGA治療薬