辛いものを食べるとはげになる?

辛いものを食べるとはげになる?

 

よく辛い物をたべるとはげやすくなるってきいたことありますよね。

 

私は辛いものが大好きですが、はげやすいと聞いても辛いものを食べることをやめる気はありません。しかしまたはげるのは嫌です。

 

どうにかして、辛いものが髪に良くなってくれないかなと何のけなしにしらべてみたら答えは真逆だったので喜びました。

 

そう、辛いものは実は髪にとってかなり良いものなのです。

 

そして今の研究で、カプサイシンとイソフラボンを同時に摂取すると効果が期待できるそうなんですよ。では詳細を書いていきます。

 

 

 

カプサイシンは独特の辛さをもった成分で、主に唐辛子にはいっています。

 

それ以外にもキムチやラー油、タバスコなどにもはいっています。

 

そのカプサイシンの効能は、広くしられているのが脂肪燃焼を促す効果でしたり、コレステロールを減少させたり、冷え症の改善にも効きます。

 

しかし、髪の毛にとっての効能というのはあまり知られていないのが現状です。

 

 

カプサイシンには頭皮の知覚神経を刺激する働きがあり、刺激されることでCGRPという物質が血中に放出されます。

 

このCGRPは血管拡張作用と、発毛成長因子であるIGF-1という物質を活性化させる働きがあります。

 

カプサイシンをとることで、こんな効用があるなんて普段の生活では知るわけがないですよね。

 

しかし、CGRPというのは一定量放出するとなくなってしまうそうです。

 

 

じゃあ辛いものをずっと摂り続けなければいけないのかといったらそうではありません、そこで助けてくれるのがイソフラボンなのです。

 

このイソフラボンはCGRPの量を増やす働きがあるのです。

 

この二つをどうやって効率よく摂取するかときかれまして考えたのは、キムチ豆腐というのが最高なのではないでしょうか。

 

イソフラボンもカプサイシンも一度にとれる、かつお手頃な値段です。

 

私の場合は、今時期ですと鍋にキムチや唐辛子と一緒に豆腐を少し多めにいれて食べています。

 

食べ合わせ方はいろいろあるかと思いますが、空腹時にカプサイシンを摂ると、胃が痛くなる恐れがあるので、そこは注意して食べてみてください。

 

ちなみに薄毛が進行していたときに乾燥唐辛子をそのまま食べてみたことがありましたが、死ぬかと思うくらい苦しかったので真似はしないようにしてくださいね。

 

あの時は薄毛を治すために必死でしたので。

 

薄毛を治すための必須ケア用品3種  〜 これで薄毛は必ず改善します 〜

抜け毛を減らすだけでなく育毛を促進し頭皮まで回復することができる現在最強の育毛剤
↓↓

抜け毛の原因を改善し育毛も促進し頭皮を回復することができる高効果育毛サプリメント 
↓↓
育毛剤愛用者の人気No.1サプリ
AGAを併発している場合はさらにプロペシアとミノキシジルで薄毛の原因を改善します
↓↓

発毛率90%強!最強の育毛法 僕の薄毛ケアを公開します 薄毛になったら最初にすること 薄毛を治すAGA治療薬