薄毛・ハゲを治す方法 〜僕の薄毛克服記録〜

薄毛の兆候を見逃すな!こういう抜け毛が増えてきたら薄毛進行のサイン

一度薄毛を治したのですがまた髪の毛が薄くなってきて、抜け毛も増えてきている感じがしたので抜け毛のチェックをしてみました。

 

抜け毛のチェックをするうえで観察するポイントは 髪の毛の太さ・髪の毛の長さ・毛先が尖っているか・毛根の状態 です。

 

これら抜け毛の状態をきちんとチェックすることで、その時の自分の頭皮の状態や薄毛が進行し始めたかが早期に分かります。

 

僕のように、 何だか抜け毛が増えてきたな、髪の毛が薄くなってきたような気がしてきたな、 という場合は必ず抜け毛チェックをしておきましょう。

 

 

 

それでは薄毛が再度進行し始めた時の僕の抜けた髪の毛をご覧ください。

 

 

上記抜け毛は3本とも毛先が上、毛根が下になるように配置してあります。

 

 

まずはから見ていきます。

 

太さとしては申し分ないのですが毛先が細くなっているのが特徴、新規の髪の毛が寿命をまっとうすることなく抜けてしまっている抜け毛です。

 

しかしもっと注目してもらいたいのが毛根部分です。

 

毛根部分の方に進むにつれてだんだんと細くなっているのがわかります。

 

これは頭皮が弱ってしまった結果、毛根への栄養供給が悪くなっているために起こる現象ですね。

 

毛根への栄養供給が不足していきだんだんと髪の毛の太さも無くなっていき、最終的に力尽きて髪の毛が抜けてしまったようです。

 

 

次にを見ていきましょう。

 

こちらは典型的な薄毛進行状態の抜け毛と言えます。

 

抜け毛の長さは大変短くて毛先が尖っています。

 

生まれてから大体3ヶ月くらいの長さですね、通常は3〜5年ほどは伸び続けるのでかなり早く抜けているのがわかります。

 

これは毛髪サイクルが狂ってしまい、本来抜ける時期でもない時に髪の毛が抜けてしまったものです。

 

このような生まれたての抜け毛が増えるとどんどん髪の毛はスカスカになっていきます。

 

 

最期にを見ていきましょう。

 

抜け毛AやBと違い髪の毛が細く大変弱々しい抜け毛ですね。(見えないくらい細い抜け毛は手遅れ寸前)

 

この抜け毛は抜け毛Bの後に生えてくる髪の毛と言えます。

 

薄毛が進行していくと抜け毛Bのようにすぐに抜けてしまい、その後に抜け毛Cのような細く弱々しい髪の毛が生えてくるんです。

 

そしてその弱々しい髪の毛もすぐに抜けてしまい、次はさらに細い髪の毛が生えてきます。

 

頭皮が弱っているから髪の毛を生み出す力が足りていない証拠ですね。

 

髪の毛の量があってもこのような細い髪の毛ばかりでは見た目としては当然スカスカになると言うわけ。

 

 

 

以上のように頭皮が弱っていくと髪の毛はすぐに抜けてしまうし、次に生えてくる髪の毛もどんどん細くなっていきます。

 

結果として薄毛になると言うわけなんですね。

 

今回みなさんに知っておいてもらいたいのは、 髪の毛が薄くなってきたな 抜け毛が増えてきたかも、 という気がしたらまず抜け毛のチェックをしてもらいたいと言うこと。

 

 

そして薄毛というのは一旦治ったとしても、また薄毛になる可能性が高いと言うことです。

 

また薄毛進行時には頭皮の脂も多く出てくるようになるので薄毛の進行の判断材料にすると良いでしょう。

 

写真ような抜け毛を見つけたらすぐに薄毛ケアをしておかないと手遅れになりますので、僕のように早期発見・早期ケアをすることで薄毛の早期改善や防止につながりますよ。

薄毛を治すための必須ケア用品3種  〜 これで薄毛は必ず改善します 〜

抜け毛を減らすだけでなく育毛を促進し頭皮まで回復することができる現在最強の育毛剤
↓↓

抜け毛の原因を改善し育毛も促進し頭皮を回復することができる高効果育毛サプリメント 
↓↓
育毛剤愛用者の人気No.1サプリ
AGAを併発している場合はさらにプロペシアとミノキシジルで薄毛の原因を改善します
↓↓

発毛率90%強!最強の育毛法 僕の薄毛ケアを公開します 薄毛になったら最初にすること 薄毛を治すAGA治療薬